日記カテゴリの記事一覧

会社の財政状態

こんばんは。

 今日はむしむしして、いやな天気でした。
今日も学校に行ってきました。何回か通うとなかなか慣れてきて
けっこう楽しいです。なんかやりがいがあるというか、
仕事に毎日行ってた時は、あんまりこんな気持ちに
ならなかったのに・・・。

 簿記の勉強をやってるとひとつ気になるのが、自分の会社の
財政状態というか、経営状態ですね。今までは単に自分の担当する
現場の利益を多くするとか、ほんのちいさな部分しか見てません
でしたけど、勉強してると今自分の会社がどういう経営状態で
どのくらいの資産を持ってて、どのくらいの負債を抱えてるのかが
非常に気になってきました。

 うちの会社は特に、現場作業員と事務員とがいて、
現場と事務との間にギャップがあるというか、現場の人には
会社の経済的なことに関しては、教えないというか
『教えても、お前らわかんねーだろ!』的な雰囲気が
あるんですよ。ちっ(怒った顔) 
 
 私は前からそういうところに不満があって、現場の人間として
なんとかしたいという思いがありました。まあそれがひとつは
簿記の勉強をやってみようと思った動機のひとつではありますね。

 今回話がちょっとそれたと思いますが、そういう気持ちを
忘れたくないから、がんばって資格をゲットしたいと思います。

借方・貸方

 こんばんは。

 今日も簿記の授業に行ってきました。普段遊んでばかり
だったので、なかなか充実してます。授業の出席時間は
昼間と夜間があって、昼間は、学生さん、主婦の方
その他もろもろの事情の方が出席してるんだと思います。
夜間は、定職についてらっしゃる方々が主じゃないかと思います。

 私は今は休職中なので、昼間の時間に通ってるのですが、
昼間はやっぱり人数が少なくて余裕があるのでなかなかいいです。

 簿記の勉強を始めて、最初聞き慣れなかったのが、
『借方・貸方』という言葉でした。勘定科目というものが
あって、その科目の、資産と資本と負債を表す表を
『貸借対照表』、費用と収益を表す表を『損益計算書』と
言うんだそうです。その表は左側に書くものと右側に書くものが
あって、その左側に書くものを『借方』右側に書くものを『貸方』
というそうです。最初は、なかなか理解できなかったんですけど
だんだんとわかるようになってきました。なんかこういうのって
理解するというよりも、問題を数多く解いていくとわかってくる
みたいな感じです。遥か昔の学生時代を思い出しました。
確かにこんな感じでしたねぇ。

 私は高校時代、県内でもそこそこ有名な進学校に
通学してたんですが、今の『ゆとり教育』とは違って
毎日補修があって、夏休みも毎日補修でしたねぇ。
今となっては、懐かしい思い出なんですが、あの当時の勉強って
ホントに受験のための勉強っていう感じで、事務的な計算問題の
繰り返しというか、勉強するのがいやでいやでたまりませんでしたね。 
 まあそんな話はさておき久しぶりの勉強はなかなか楽しいです。

 これからもがんばるぞ!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。