初めての授業

 こんばんは。

 今日は簿記の授業の初日でした。けっこう緊張しましたね。
最初、講師の先生から、今後の予定等簡単な説明を聞いて
授業が始まりました。

 最初は、ある程度基本的な内容だったので大体理解できました。
でも、授業が進むにつれてだんだんと、理解するのが難しい内容に
なってきました。他の生徒さん達はこれわかってるのかなと
思いながら、自分の理解力のなさを嘆きました。

 でも、講師の方の最初の説明で、『日商簿記2級を合格する
くらいの知識があれば、日本経済新聞の中身が理解できるように
なりますよ。』とのお話があったので、それはすごいなあと
思いました。普通に生活してたら日本経済新聞なんて全然
読めないと思うので、それだけでもすごい進歩じゃないかと
思いましたねぇ。

 交通事故を起こす前は、水道管の道路工事なんかの現場代理人
をやってたんですが、工事を無事に完了させることに集中して
あんまり、売り上げとか利益に関しては意識して仕事して
いなかったので、こういう勉強をすることで少しは仕事にも
いい影響があるんじゃないかと思ってます。

 学生時代に比べると明らかに記憶力がなくなってるんじゃないかと
思いますねぇ。(泣)
 とりあえず、継続は力なり!ということで、あんまり理解に
苦しむようでもがんばろうと思ってます。

簿記資格の取得を考えた経緯

 はじめまして。たったかた〜と申します。
よろしくお願いします。

 まず最初に、なぜ簿記の資格を取得しようと思ったかといいますと
2年ほど前に交通事故で入院しまして、半年ほど入院しまして
後の1年半ほどは通院しながら、リハビリをしておりました。
その期間会社のほうは休職という形で、労災を受給して生活して
おりました。そういう生活で最初のうちは、時間があるのをいいことに、パチンコなどのギャンブルばかりやってました。

 でもある時、これじゃダメだ!と強く思うようになりました。
何か勉強して、社会復帰した時に他の社員より少しでも有利な
技能・知識を身につけようと思ったんです。

 それでなぜ簿記だったのかというと、インターネットで
いろんな専門学校を検索してて、『簿記』の言葉をよく
見かけたものですから、どういう学問かなと興味が沸いたんです。

 でとりあえず、近くにある学校を調べると近々説明会が
あるとあったので行ってみることにしました。

 実際学校に着いてみると、他に受講希望者が10人ほどいて
老若男女様々でした。皆さん、熱気に溢れてました。

 それでとりあえず、受講の申し込みをして月曜日から
授業を受けることになりました。

・・・つづく。 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。